自己完結日記

ただの日記です。

今日は仕事への熱が高まったからメモ

今日の流れと心情

 

今日は研修だったから研修先まで行ったんだけど、車の免許も持ってないから後輩に乗せて行ってもらった笑

 

 

後輩と言っても、20日だけ入社が遅いだけで、経験もあるし完全に高学歴だし年も8才上の何もかも上の形だけの後輩笑

 

20日遅いだけで敬語を使ってもらうのが本当に申し訳ない。

 

んで普段席が遠いから話す機会がないけど、初めて二人で話した。やっぱり学歴ってある程度の指標になるなってひしひしと感じました笑 歩んできた道が違う。物の捉え方が違う。 そして早口笑

 

事務所で配られた年末調整の本を僕は辞書としてしか使ってなかったけど、その偉大な後輩は一瞬で頭に入れていた。 かなり分厚いしかなり言葉が分かりにくい! やっぱり体力が違う。勉強の。

 

1日中全然勉強できるし、普通みたいに言ってて顎がガクンってなった。

 

いや、2時間で全細胞が全力で寝ようとするでしょ。 でも普段の仕事ぶりからかなり説得力あった。

 

これが、偏差値30前半の高卒と偏差値60後半の国立大卒の差か、

 

意識も体力も地頭も負けてるなって考えないようにしててもひしひしと感じた笑

 

 そこで自分の残された可能性を考える

 

冷静に分析して勝っているのは、職場の席の場所と残された時間と筋力ぐらいでした。

 

 

それでも前向きに考える。

あと8年あれば持ち前の筋肉で一本背負い

じゃなくて

 

伸びしろがある分自分の方が仕事を楽しめるんじゃないかと、楽しんでるうちに8年もたてば差はかなり縮まってるんじゃないかと。

 

そこで縮まってないときに初めて劣等感を感じようと決めました

 

 

追い付いていく姿を少ない閲覧者に見せていけたら幸いです。